ADHDと依存症の密接な関係、最大の克服法!

ADHDに悩むあなたへ、ADHDコーチの小島英将です。

あなたは、ADHDと依存症の密接な関係についてご存知ですか?

ADHDを持つ人の多くが、その2次障害として、何らかの依存症を持つと言われます。

もし、あなたが以下のことに当てはまるなら、あなたもその一人かもしれません。

 

  • 人から心配されるほど、お酒を飲んだことがある。(飲酒依存症)
  • タバコを吸っていないとイライラする。(喫煙依存症)
  • 生活や人間関係に支障をきたすほど、ゲームに熱中してしまう。(ゲーム依存症)
  • 家計を圧迫するほど買い物やギャンブルをしてしまう(ショッピング依存症、ギャンブル依存症)
  • 性行為や自慰行為などの行為に走ることがやめられない(性依存症)
  • SNSやネットサーフィンに、無駄な時間を費やし過ぎてしまう(ネット依存症)

 

依存症は、あなたが思っている以上に身近な存在です。

そして、依存症を持つ本人は、自身が依存症であることに気付かないケースも、多々あります。

もしあなたが非喫煙者で、タバコを吸う知人が身近にいるのなら、わかりやすいでしょう。

「俺は楽しみで吸ってるんだ!」

そう言っているその人の言葉は、果たして本当にそうでしょうか?

楽しみであれば、タバコを吸わないことも出来るはずです。

また、タバコを吸えない時間にイライラしてしまうこともない筈です。

依存症の最大の危険は、「本当は幸せではない」「本当は必要ではない」ことを、幸せ、必要と思い込むことです。

あなたも、身に覚えがあるのではないでしょうか?

あなたが、楽しみ、幸せと思っていることは、本当に幸せですか?心の底からワクワクしますか?

でも、大丈夫です。あなたは依存症を克服することができます。

なぜなら、依存症を克服する最大の方法は、「気付くこと」だからです。

■ADHDが依存症になるメカニズム、ドーパミンやストレス、衝動性、先延ばしなど

そもそも、なぜADHDの人は依存症になるのでしょうか?

まず、第一の理由として、脳内のドーパミン分泌量が足りていないことが挙げられます。

ドーパミンとは、「報酬への期待感」を司(つかさど)る脳内物質です。

たとえば、目の前に美味しそうな食べ物があったとします。

それを見た時私たちの脳は、ドーパミンという物質を分泌することで「この食べ物を食べたら満足感を得られそうだ!」という期待感を煽ります。

ADHDの人はドーパミンの分泌が足りていないため、本能的にドーパミンを充足させようとします。

ADHDの人にとっての依存症とは、ある種の自己治療のようなもので、足りていないドーパミンを充足させることによって、脳の平衡感覚を保とうとする本能があるのです。

また、ADHDの人は日常的にストレスを感じやすく、衝動性も強いため、依存性の強い物質や行為に走りがちになります。また、それを辞めることを先延ばしにすることで、ずるずると依存にハマって行くのです。

 

■ハマればハマるほど幸福感が失われて行く!依存の大きな落とし穴

依存性の物質や行為の大きな特徴は、「簡単に幸福感を得られる」ということです。

ゲームやインターネット、ギャンブルなどは、麻薬と同じくらいのドーパミンを、分泌させます。

また、タバコやお酒などはまさに麻薬のようなもので、脳に直接作用してドーパミンを分泌させます。

あなたは、ストレスを感じたとき、こうした簡単な行為によって満足感を得ようとしていませんか?

それは、大きな落とし穴です。脳は、簡単な刺激には簡単に慣れてしまうように出来ており、だんだん幸せを感じるハードルが高くなってしまうからです。

おそらくあなたは、学生の頃、麻薬依存についてのビデオを見せられたことがあるでしょう。

最初は「少しだけ」のつもりで使い始めた麻薬の量が徐々に増え、自らを破滅させて行く。

麻薬と聞くと、いささかゾッとするものを感じるかもしれません。ですが、それと同じことが、あなたの脳内で起きているのです。

 

■依存性の最大の克服法は「3つの」気付くこと!

では、どうすれば依存症から抜け出せるのでしょうか?

答えは簡単です。冒頭でもお伝えしたとおり、「気付くこと」が、依存症最大の克服法だからです。

この、「気付くこと」は、3つの項目に分かれます。

 

  1. 依存症そのものに気付く
  2. 依存症で受けている不利益に気付く
  3. 本当に幸せなこととは何か?に気付く

 

依存症そのものに気付くことは、言うまでもありません。

問題は、あと2つの「気付くこと」です。

もしかしたら、あなたは「そんなことは既に気付いている!それでもやめられないから困ってるんだ!」と感じているかもしれません。

しかし、表面的に気付いていても何の解決にもなりません。

大切なのは、あなたが心の奥底から「不利益に気付き」「本当に幸せなことに気付く」・・・あなたの依存症があなたを破滅に導き、本当の幸せから遠ざけていることに、心の底から納得することが、何よりも大切なのです。

 

■3つの「気付く」にあなたを導くための、内省ワーク!

では、あなたが心の底から納得し、依存症を克服するためのワークを紹介します。

時間はかかりますが、簡単に出来ることなので、ぜひやってみてください。

 

  1. あなたが、それ(あなたの困っている依存性物質、行為)によって得ている利益はなんですか?思いつく限り書き留めてください。
  2. その利益が単なるまやかしだとしたら、その理由はなんですか?書き留めてください。
  3. 2で答えたことに反論する気持ちが沸いてきたら、それも書き留めてください。
  4. 3の反論が本当ではないとしたら、その理由はなんですか?書き留めてください。

 

以上、1~4のことを繰り返します。30日ほど続けた頃には確実に、あなたは依存症を克服していることでしょう。

大切なのは、このワークを「自分でやること」です。そして、「納得するまでやること」です。

依存症について、そのものが不幸であると「気付く」ことに成功すれば、それは殆ど依存症を克服したも同然です。

もし、あなたが本当の幸せを手に入れたいのであれば、必ずこのワークをやってください。

30日後、あなたは嘘のような体験を目の当たりにしているはずです。

今とは見違えるほど、明るい毎日が、あなたを待っているのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*